• ホーム
  • ヘルペス治療ならバルトレックス!ジェネリックもあります

ヘルペス治療ならバルトレックス!ジェネリックもあります

2019年12月26日
薬を飲んでいる男性

風邪をひいたときや、疲労やストレスが蓄積してきたときに口のまわりや性器周辺に痛みをともなう水泡が複数発生するのがヘルペスになります。ヘルペスは発生部位に応じて、大きく分けると二種類が存在することがしられています。単純ヘルペスウイルス(HUV)の1型が原因になるのは口唇やその周辺の三叉神経にそった皮膚に水泡が発生し、”熱の華”の異名をもっています。これに対して性器やその周辺に水泡が発生するのがHUV2型になります。これらの分類は発生部位だけでなく、感染経路の把握をする上でも意味のあることで、HUV1型は幼少時の両親からの接触感染が中心なのに対して、HUV2型は思春期以降の性行為が感染経路で性行為感染症の色合いが濃厚です。

ヘルペスの二種類のタイプのウイルスは発症部位が違うだけでなく、初回感染時の症状の出現の度合いに違いがみられます。HUV1型は幼少時代に感染したときも、自覚症状がなく経過し成年以降の年齢で再発することが多くなっています。これに対してHUV2型は痛みの強い水疱の発生に加え、発熱や全身倦怠感など全身症状が出現することもあり、場合によっては入院加療が必要になるほどです。

ところでヘルペスの治療はバルトレックスという抗ウイルス薬の服用になります。バルトレックスには有効成分にバラシクロロビルを配合しています。バルトレックスの有効成分バラシクロロビルには、ウイルスのDNAの複製を阻害する作用を獲得しています。ウイルスは宿主の細胞に寄生して、栄養分などの供給を受けて、DNAを転写する必要があるのです。宿主の細胞にDNAを転写するには、前提として複製する必要があります。バルトレックスにはこのDNA複製を阻害するので、ウイルス増殖を抑制し、患部の症状を沈静化させます。ヘルペスは再発を繰り返すことがあり、早期から治療を開始することで迅速な回復を見込めます。また年間10回以上もの回数、再発を繰り返すような症例では、再発予防のためにバルトレックスを服用することもあります。しかし再発を予防する目的では、6ヶ月以上の期間にわたり連日服用する必要があるのです。

このようにヘルペスは再発に備えて常備薬として事前に購入しておくのが賢い対策といえます。しかしながら医療機関に受診して処方箋を交付してもラコとで、初めて入手できる医薬品です。とはいっても再発などの都度、医療機関を受診するのはスピーディーな対策は困難です。そこでインターネットの個人輸入代行サイトを利用して通販でバルトレックスを入手するという選択肢がオススメです。

インターネットの個人輸入代行サイトの通販では、バルトレックスのジェネリック医薬品も入手できます。ジェネリック医薬品は初期開発のための研究開発費用が不要なので、薬価も低く抑えられています。ヘルペスの再発に備えてバルトレックスを、インターネットの個人輸入代行サイトの通販を利用すればいつでも常備しておけます。