• ホーム
  • 亀頭がかゆくなったり、チーズ状のおりものが出る症状の性病とは?

亀頭がかゆくなったり、チーズ状のおりものが出る症状の性病とは?

2020年05月15日

性器にむずがゆさを感じる経験をお持ちでは無いでしょうか。男性の方では亀頭がむずがゆくなったり、女性の場合は外陰部のかゆみやオリモノの変化などが典型的な症状ですが、このような症状に心当たりが有る人はカンジダ症を発症している可能性があります。カンジダはカビの一種で、水虫などの原因となる真菌類の一種です。カビは水分と一定の温度が揃っていれば生存できます。そのためカビの仲間であるカンジダは全身の皮膚や消化管粘膜など、ほぼ全身に生息している常在菌の一種です。とりわけ性機能は成熟した成人女性の膣やその周辺は、適度な水分と体温に加えて、餌になるグリコーゲンなどの糖分も豊富なので、カンジダが好んで生息しています。実際に膣カンジダを発症するのは、非常に多く経験されるところで、日本人女性の場合5人に1人は生涯に一度は発症すると見られているのです。患部が性器が多いことから性病の一種の側面もありますが、自然発症することがあり、必ずしも性行為が介在するわけではありません。

免疫力が正常な状態では、人体に対して病原性を獲得することはありませんが、疲労が蓄積したり風邪を引くなどの免疫力低下した状況は一変することに。常在菌のバランスが崩れることで、カンジダが膣で爆発的に増殖することで、炎症症状を引き起こします。膣や外陰部のかゆみや発赤などの他にオリモノがカッテージチーズ上に変化するなど特徴的な症状が笑われます。尿道に炎症が及ぶと排尿痛が生じたり、性行痛などに遭遇することもあります。

免疫力低下などをきっかけに自然発症等したときの治療には、性病治療薬のカーネステン膣錠やカーネステンクリームになります。カーネステン膣錠やカーネステンクリームは、有効成分にイミダゾール系の抗真菌薬クロトリマゾールを配合しています。カーネステン膣錠やカーネステンクリームに配合されたクロトリマゾールには、原因菌の真菌の細胞膜の生成に必要なエルゴステロールの生成を阻害する作用があるので増殖抑制作用を発揮します。外陰部などにはカーネステンクリームで、膣にはカーネステン膣錠という併用慮法を実践することで、90%以上の高い効果を発揮します。
膣カンジダは免疫力低下をきっかけに自然発症することが多い膣カンジダは、自覚症状を発見したら迅速にカーネステン膣錠などで治療を開始すれば、早期回復も可能です。しかしカーネステン膣錠は国内では、医療機関を受診して処方箋を交付してもらう必要があります。これでは臨機応変に治療を実践するのは迂遠で、できれば必要なときに使用できれば理想的。そこでおすすめしたいのが、個人輸入代行の通販サイトを利用することです。面倒な海外薬の個人輸入には面倒な手間が伴います。この点、個人輸入代行の通販サイトを利用すれば、いつでも気軽にカーネステン膣錠を購入することができます。いつ自然発症するかわからない膣カンジダに供えて、常備薬に加えることが対策になります。