• ホーム
  • 検査キットで自宅で性病を検査して早期対処!

検査キットで自宅で性病を検査して早期対処!

2019年11月20日
心配している男性

性行為感染症に罹患した可能性が気になった時は、一刻も早く検査を受けて事実を確認する必要があります。潜伏期間を経過すれば症状は出てくるばかりで、病状が進行するリスクが高くなるからです。性行為感染症をイメージすると、何分性生活に密接に関係する微妙な問題を含んでいるだけに、第三者の間には事実を明らかにしたくないものです。それは心情的に了解できるものですが、性行為感染症は汗腺の事実に気づきながら放置していると、自然治癒することはなく病状は悪化していきます。どれほどの期間で悪化するのかは病気の種類によって異なってきます。年単位の時間を必要とするHIV感染症から、数日以内の潜伏期間をへて尿道炎症状が出現する淋病など、バラエティに富んでいますが、放置することは色々な面でリスクを伴います。エイズや梅毒などは最終的に生命にかかわりますが、淋病や性器クラミジアなどが生命に関係するのは稀ですが、不妊症のリスクになるのは高いという事実もあります。

そこで性行為感染症の検査を受けることの必要性が明らかになりますが、基本的に医療機関か保険所などを受診する必要があるのです。検査の窓口となるのはエイズでは保健所、診療科目では婦人科や泌尿器科・性病科や皮膚科などです。症状により推測される性病ごとに最適の検査を実践することで容易に病気の種類を特定できます。
しかし性病の疑いを専門家の医師とはいえ、心理的抵抗感を抱くことも。病院に通院するために平日に時間を見つけて通院するのも負担になるでしょう。医療機関を受診するのがためらわれるときは、インターネットの専門民間業者の検査キットを通販で入手することにあります。普通の通販感覚で自宅にいながら入手できるので、余計な手間がなく手軽なのがメリットです。原因菌の検証率も高く、定型医療機関への紹介サービスなどを提供している専門事業者も展開しています。

インターネットで発注すれば郵送などで自宅に届くので、通院も不要で手軽さでは圧倒的です。また病院などの医療機関や保健所では採血検査など、素人には無理な方法ばかりです。これに引き換え検査キットの使い方は簡単で、検証率の高い検査の利用にたえる検体を採取することが可能です。

このキットの使い方には、大きく分けて性器などの粘膜を採取する方法と少量の血液を採取する方法になります。一番簡単なのは、粘膜を採取するタイプです。キット附属の綿棒のようなものを、性器粘膜などを少し拭うだけ。血液詐取するというのも、別に注射針を使用するわけではなく、細く短い針を指先にあてるだけです。数的の血液を採取するだけの、特に技術も必要としない仕様となっています。結果についてですが、業者ごとに異なっており、書面で結果を告知する場合もあれば、ウエブサイトのマイページにログインしてマイページから確認するなどです。結果の告知方法は事前に確認しておくことをオススメします。